脱毛と腋臭。フェロモンは?

わきがは遺伝によっても左右されるもので、片親がわきがの場合は約50%、両親がわきがである場合は約75%の割合で遺伝します。腋臭は、脇の下にある「アポクリン汗腺」という部分から分泌された汗が皮脂の表面の細菌によって分解されたときに独特の臭いを発します。

 

アポクリン汗腺とは、ワキの下、乳輪、陰部、外耳道、臍など全身の皮膚に分布しておりいて特にワキの下や手や足のひらに多くあります。この汗腺から分泌される汗の成分はタンパク質、糖類、、アンモニア、鉄分、蛍光物質、脂質、脂肪酸など、臭いの元となる物質でできていて、粘り気のある乳白色がかった液体です。これがエクリン汗腺からでる、無臭の汗に混じって出ていきます。エクリン汗腺の汗の成分は、99%の水と1%の塩分でできていて、臭いはほとんどありません。

 

脱毛することで、この2つエクリン汗腺とアポクリン汗腺を触ることはありませんので、腋臭が出てくるとか、ひどくなる事はありません。

 

後、よくいわれるのが、脱毛するとフェロモンがなくなって、モテなくなると言われますが、医学的根拠は、ありません。フェロモンとは、動物の体内で微量に生産されて、分泌放出して同種の個体間に特有の行動や生理的な反応をひきおこしますが、フェロモンは基本的に人の場合は、分泌する器官は退化してありません。ただヒトで初めて発見されたフェロモンがあるみたいです。性周期同調フェロモンといって、腋下部から分泌される無臭のフェロモンで、それを嗅ぐことにより月経の周期が変化するみたいです。周りにいる人と生理に周期が似てくるなどの作用があるみたいです。